グラップリングクラスは

足関節の打ち込みいろいろ。

サドルロックの入り方

フックガード、ハーフガードからを行いました。

フックガード、ハーフガードからサドルロックへの入り方は一つの流れとして覚えた方が良いと思います。

最後に質問が有り、相手をケガをさせないようにテイクダウンする方法は有りますか?

との質問。

通常のタックルだと、相手の頭部がケガをする可能性があるので、

足の付け根を抱え込む形でタックルに入り、足を掛けながら横に倒れこむように倒す方法

相手の後に回り込み、腰を抱えて、自分をクッションにするように後ろへ倒れこむように倒す方法

を提案しました。

状況によっては無傷で制さないといけない場合もあると思います。

格闘技は相手を倒すだけでなく、護身術としても応用出来ますので、さまざまな状況を考えて技を覚えいくのも良いと思います。

グラップリングインストラクター

成尾