グラップリングクラスは

足関節打ち込みをしっかり行い。

スパーリングで汗を流しましたー

スパーリングでの攻防について

どうやって攻めたり防御したりすれば良いのか?

との質問がありました。

単純に考えると

オフェンスは相手との距離を詰める、密着する

ディフェンスは相手との距離を空ける、遠ざける

事を心掛けてみましょう。

攻防にメリハリがついて、スパーリングが楽しめます。

そこから、様々なガードや技をかけていきましょう。

グラップリングインストラクター

成尾