本日は、若者の参加者が多く、

活気溢れてました。

スパーリングを行う際に

体力に自信が無い方は

クロスガードやハーフガードなどの

ガードポジションを駆使し

技に緩急を付けると 、

体力温存にも繋がります。

ガードポジションの理解を深める為に、

打ち込みをしっかり行いましょう🎵

グラップリングインストラクター

成尾